[Corepad Skatez G Pro Wireless]純正よりも操作しやすい

Corepad Skatezは純正と全く違う

正式名称:Corepad Skatez ’使用しているマウス’

Corepad 公式ページhttps://corepad.com/

皆さんはマウスソールを張り替えていますか。

私は今回初めてマウスソールを張り替えました。

というのもマウスパッドはHyperX Fury S proを使用しているのですが、Gproについている純正マウスソールの滑りが悪くて使いづらかったからです。

Amazonのレビューを見ると純正と変わりないと仰っている方が多いです。
個人的な意見ですが全然違います。
マウス操作をした時に上手くエイムが出来ずにいたストレスがなくなりました
純正のソールは滑り出しが重く感じていたのですが、Corepadは滑り出しが軽いです。

使用しているマウスパッドによるのかもしれませんが、純正と比べて確実に使いやすくなっています。

 スペック

  • 摩擦が少ない100%のテフロン製
  • 摩擦が少ないのでマウスパッドの特徴を壊さない

外観

このまんまです。

この2つが袋に入れられて送られてきました。

初めてマウスソールを購入したこともあり、最初は驚きましたが逆にこれくらいの方が良いなと思います。

corepadの紙に書かれた文字のデザインはかっこいいですね。好印象です。

ソールは2セット分入っていました。

ソールの貼り替え

ソールの貼り替え手順を紹介します。

まずソールを剥がす前はこの状態です。

ここからソールを剥がします。

剥がす時は鋭利な物を使わなくても剥がせます。

ソールが柔らかいので爪で簡単に剥がせました。

画像だと少し分かりづらいかと思いますが、ソールは一層と二層があり、’センサーが反応しない’とか言っている方は二層目を剥がしていないのが原因です。

しっかり剥がすと画像のようにネジが丸出しになります。

ここからCorepad Skatezのソールを貼り付けます。

貼り付け終えるとこのようになっています。
これで貼り付けは完了です。

簡易レビュー

使用してからまだ数日しか経っていないので詳しいレビューは出来ませんが、軽く感想を書きます。

純正のソールはシールの様に柔らかかったけど、Corepadのソールは少し硬い

そもそも純正のソールとCorepadのソールが全く違うものであることを裏付けていますよね。

Corepadのソールのメリットとしては、滑り出しが良い点トラッキング精度が高い点です。

逆にデメリットは滑り出しやトラッキング精度が高い分、ストッピングが少々やり辛い点です。

冒頭の方で書きましたが、ソールはcorepadでマウスパッドはHyperX Fury S Proを使っていてvalorantをプレイしています。

滑り出しが良くてすぐに視点を移動出来るので、気に入っています。

ストッピングに関しては体感それほど、悪いわけではないですが純正のソールと比べると滑り出し等がよくなった分、ストッピングする際に少し力を入れるようになりました。

ですが、普通にストッピング出来ているので問題ありません。

まとめ

簡単に言うとcorepadのソールはgproに付いている純正のソールよりも桁違いの使いやすさがあります。

  • 滑り出しが良くトラッキング精度が高い(メリット)
  • その分ストッピングの不安要素が少し高くなるが、マウスパッドとの相性やゲームによっては問題ない

以上です。

個人的なおすすめとしてはソールは滑りやすいのを買って、ゲームに合わせてマウスパッドの材質を選ぶのが無難かと思います。

では良きゲームライフを。