[HyperX Fury S Pro]今更レビューするマウスパッドではないよね

久しぶりにマウスパッドを購入したんですけど、初の大型マウスパッドということで使ってみた第一印象を記事にします。 長期レビューは今のところ出来ませんが、寿命や改めて使い心地等を追記していきます。 自分が買った大型マウスパッドはHyperX Fury S Proで、購入した時点でのアマゾンの価格は4000円程です。 まず、大型マウスパッドを購入した理由と購入するための条件からいきます。

大型マウスパッドを購入した理由

自分はゲームとブログ書くときやネット検索等をする時のキーボードの配置が違います。 ゲームをしている時は、メインモニターの画面より左側に置き、右斜上の形です。
ゲームの時
しかし、ブログを書くときやネット検索をする時は、メインモニターのど真ん中に置いています。
ブログやネット検索の時
その時に、大型マウスパッド以外のだと、デスクの上にある物を一々移動させなければいけません。 それが本当に面倒だったので、今回は大型マウスパッドを購入しました。

購入の条件

大型マウスパッドを購入するにあたって、必ず欲しい性能というか条件がありました。 それは、
  1. まず大型
  2. 滑り易すぎない=ストッピングが楽
  3. 黒色で派手じゃないデザイン
  4. 値段が上下しない
です。 1つ目に関しては、問題ないかと思います。 2つ目は、自分が使っているマウスパッドがBenQ GSRだったため、なるべく滑り易すぎない商品を探していました。 というのもArtisanの疾風のSOFTと疾風甲を使ってFPSしていた時に全くエイムが安定しなかったのです。 なので、BenQ GSRに近いストッピングが楽なHyperX Fury S Proを買いました。 3つ目のデザインに関しては、ただ地味な色が好きなので黒の商品を選びました。 4つ目の値段が上下しないは、他の大型マウスパッドを調べた時に値段の移り変わりが激しかったので諦めました。

商品について

商品の中身はこの1つだけでした。 まあマウスパッド1つに取り扱い説明書なんてただの無駄ですもんね。 ただ二年保証は付いてるみたいなんですけど、保証書はありませんでした。 保証書ないと保証出来ないのでは。。。?と思ったんですけどどうなんでしょうか。

性能

  • ほころびにくいシームレスステッチ加工
  • 正確な光学トラッキングに対応する密織りの表面
  • 安定感のある天然ゴム製の底面
  • 優れた携帯性と耐久性
  • 厚さ 3~4mm
  • 幅 x 長さ:900mm x 420mm (XL)
  • 素材:クロス、ラバー
  • 2年保証
  • 素材…布
  • 裏地…ゴム
  • カテゴリ…ソフト
  • 暑さ…S,M:3mm L,XL:4mm
  • 寸法…S:290mm x 240mm M:360mm x 300m L:450mm x 400mm XL:900mm x 420mm
  • 重量…S:125g M:195g L:500g XL:890g
  • 特徴…精度を追求して最適化された表面
Amazonに書いてある事をコピペしました。 すみません。 てかコピペで良くないですか? 取り敢えず必要な情報は書かれているので。 防水とは書かれていないので、その点だけ気になる方は気になるかと思います。 もし、公式ホームページが気になる方は下記のリンクをどうぞ。 https://www.hyperxgaming.com/jp/mouse-pad/fury-gaming-mouse-pad

使ってみた感想

一言で表すと、取り敢えずでかい!使いやすい!こんなマウスパッドを待っていた! という感じです。 自分が使っているGlorious Medel O-というマウスで滑らせたのですが、案の定滑りやすくないです! BenQ GSRより若干滑り辛いかな、という印象です。(良い印象) 臭いなのですが、自分が初めてBenQ GSRを使ったときよりかは臭くないです。 ただ単にBenQ GSRの臭いに慣れてしまっただけなのかもしれませんが、初めてBenQ GSRを嗅いだ時の印象より、遥かに臭いがきつくないです。 あ、あとマウスパッドを広げた時に右上に使用跡というかかすれた感じのがあったのですが、あれはただ単に発送中に少しかすれたのだと自己解決しましたが、それが不安な方は購入を避けた方が良いかと思います。 使用自体に不都合はないので、自分は気にしていませんが。

おわり

あくまでこれは第一印象のレビューです。 今後使っていくことで、分からなかった事が見つかってくるのかもしれませんので、その時に追記していこうかと思います。