日記

ゲームを一ヶ月以上辞めて気づいたこと

投稿日:2021年5月3日 更新日:

自分は一ヶ月以上ゲームをプレイしない日が続いていました。その中で身体に起きた変化や思ったことについて書いていきます。

このブログを見てる人の大半はパソコンを持っていて毎日のようにゲームをプレイしているかと思います。
てかゲームのブログ書いてる人が一ヶ月以上もゲームをプレイしないでどうやって過ごしたのかと疑問に思うかと思いますが(思うよね?)そこも軽く説明していこうかと思います。

成り行き

どうして一ヶ月以上もゲームをしなくなったのかと言うと、単純に他に楽しいことが見つかったからです。
どんな楽しいことかと言うと、姉と一緒に酒を飲むこと。
「こんな事でゲームをプレイしなくなるんだ」とか「酒ってそんなに楽しいのかな」とか思う人がいるかと思います。

実際は酒を飲むだけじゃ楽しくないですよ。まあ楽しくなるんですけど。ましてや姉と一緒に飲むだけで一ヶ月以上もゲームをプレイしなくなるなんて事もありません。

では何が原因でこのような事が起きたのかと言うと、バイトをマクドナルドから塗装の職人に変えた事から始まりました。
マクドナルドでは仕事の度に23時以降に仕事が終わり帰宅するのが遅いときで0時頃、そこからゲームをプレイして気づいたら4時、そこから寝るという完全なる引きこもり生活が続いていました。
それが塗装の職人になった事で、朝早く起きて日光を浴びながら仕事をする事で体内時計が整い、夜には7時間以上寝るという規則正しい生活になったのです。

つまり、引きこもる事が普通だった自分が外に出ることが普通の生活に変わっていったことで、ゲームをプレイしないで外で遊ぶことが普通に変化していったのです。

ゲームをプレイしない生活

丁度この頃、禁欲もしてたんですよね。意図的というよりかはそういう欲が全くと言っていいほど湧かなくなりました。
それって「勃たなくなったって事?」と思うかもしれませんがそうではないんですよね。
寧ろ禁欲したことで彼女が欲しい!とか遊びに行きたい!って気持ちが今までの倍以上に跳ね上がりました。まじで。
また、禁欲をする事で幸福度がめちゃくちゃあがるんですよね。なので、姉とその家族と酒を飲んでるだけで「めっちゃ幸せ...。」っていう生活を送れました。

そういう事もあって、ゲームをプレイしない生活が充実してるものだと感じる事が出来ました。

ゲームをプレイしなかった事による変化

自分が気づいた中だと3つありますが、ゲームをプレイしなくなる事は身体にとってそれ以上にとても重要な事なんだと思いました。

まず、寝起きがすっきりします。
ゲームをプレイしていた日はその次の日になると、朝起きるのがものすごくダルくてそこから何時間以上も布団の上でぐーたらしてました。
それが、ゲームをプレイしなくなってからぱっと目が覚めてぱっと起き上がる事が出来るようになりました。

2つ目は目のダルさが全く無い事です。
ゲームをプレイした次の日なんかは一日中、目が疲れていて何時まで経っても治りませんでした。
ですが、ゲームをプレイしなくなってからは、目の疲れが一切無くて物事に集中出来るようになりました。

3つ目はすぐに眠りにつける事です。
ゲームをプレイしているとブルーライトを浴びるので、やはりなかなか寝付けませんでした。更に睡眠中でも急に目が覚めてまたなかなか寝付けないという事も多くありました。
それが、ブルーライトを浴びる時間が少なくなったので、寝る時はすっと寝れます。睡眠の質も上がったように感じています。というか毎日のように酒を飲んでたので、自分が何時に寝たのかも覚えてないんですけどね。

まとめ

今回はゲームを一ヶ月以上プレイしなくって身体に起きた変化や思ったことについて説明しました。

とは言っても最近はまたゲームをプレイする時間が増えてきたので、環境や時間はしっかり整えてからゲームをプレイしようと思います。
Nier Replicantとか出てるんでね。プレイしたいのですが、値段が値段なので買おうか迷ってます。


パソコンを使う上で目のための設定やアイテムを紹介しています。

-日記
-, , , , ,

Copyright© ふうりんブログ , 2021 All Rights Reserved.